バセドウ病 完治するのか

バセドウ病 完治するのか?



完治しますよ!(きっぱり)



理由は、私が実際に断薬に成功して完治したからね。


この事実、否定のしようかないですよね?(笑)


病院や西洋医師はバセドウ病は完治しないとか橋本病は完治しないって


言うと思いますし、実際にみなさん言われたはずです。


私も言われましたからわかります(笑)


チラーヂンの副作用がないとも病院で言われましたね(笑)←実際は副作用アリアリです。


チラーヂン 副作用




病院と西洋医が言うことを100%信用するな!


は私の中の教訓であり鉄則ですね。(経験者は語る♡)


コレに覚醒した人から健康に近づいていくんだよね。


でも西洋医学しか信用していない日本人って多いからそういう方は病院で診てもらったほうがいいかとおもいます(笑)




私は、病気に対するとらえ方、考え方、治療方法の選択肢は十人十色であり自由だと思っています。




ネットニュースではニセ医療とか怪しい代替え療法とかいうキーワードが出ています。



確かに怪しいものもありますが、実際に厚生労働省が認可している表にはでていない治療機器などがあります。

即効性があり、副作用なしで病気が完治するもの。


なぜこういった機器が表にでてこないか?というとそれはとてもシンプルで簡単です。


病気が治ってしまうと困るところがあるから。


製薬会社、病院、西洋医などなど。



宇宙飛行士のために開発された海外の治療機器とかね。



代替え療法と言われているけど自由診療のクリニックでは取り入れていたり、



クスリ漬けにする西洋医学に疑問をもっているお医者さんでこういった機器を実際に取り入れている病院もあります。






要はみんな情報を知らないだけなんです。


病気になれば病院へ行く。


ということを別に誰から教えられたわけでもないですが、日本の保険制度上そういう仕組みになっているんですよね。


厚生労働省と日本政府、国がいい意味でも悪い意味でも国民の健康の一部を管理している体制になっているから。


しかし、厚生労働省も国も病院も医者も結局、個人の健康に関してさいごまで責任を担ってはくれない。


病気になれば病院へ行って治療してもらおう。クスリを処方してもらいそれを飲みましょう。


が当たりまえなんですよね。この国では。






でも薬の副作用や成分について調べたことありますか?


クスリの添付文書みたことありますか?


医者から処方される前に副作用について説明をきちんとされたことありますか?


薬剤師に丸投げかもしくは説明すらないでしょう。


薬剤師でさえ薬の副作用すべて、教えてくれることなんてまずないですよ?笑






要は自分の体は自分で守るしかないのですよ。


ということで治療方法にかんしては、


根本治療を目指すか?


西洋医学の対処療法(クスリで症状を抑えつづけるか?)


は個人で選択しする時代なんですよ。


西洋医学の仕組みをちゃんと勉強したほうがいいです。


西洋医学は対処療法でしかなく、病気を治しているのではなく薬で症状を抑えているだけ。


よって、医者は口をそろえて『この病気は治らない。原因不明。』という回答しかできないのです。


医者は患者の病気を本当に根本的に治す方法も知らないし、そもそも医学部で習ってないし、さらに言えばそこに関して興味がないのです(笑)


だから、病院では予防策や改善策を一切おしえてもらえないのです。


原因についても『原因不明』しか言えないのです(笑)


コレが現実なんですね。


それでも病院と西洋医学と科学的根拠というものが好きな方はお好きにどうぞ。


というのが私の考え方です。





最後までお読みいただきありがとうございます。感謝いたします。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|