バセドウ病 完治

おはようございます!今日も気持ちの良い目覚めとともに起きることができました。ありがとございます。感謝します☆彡


最近、身体に変化が起こっていることに気づきました!!





むくみが取れて足がスッキリ。


主人にも『最近、足と顔がスッキリしたね。』と言われます。


足に関しては『なんか細すぎない?昔は大根足だったのに』と言われます。





大根足???!!!!怒 





確かに、むくみがすごかったからね。。。


顔も足も腕もなんか常にむくんでいている感じでしたからね。


目は左だけ腫れてくるし、、、、目つきも変わってたしね。





今はね、むくみも取れて目の腫れもなくなってきています。





そう、もともとのバセドウ病と診断される前の健康なカラダへ戻ってきている!!


心身ともに健康になってきている実感があります。


そのせいで口数も増えて、旦那さんに『最近よく喋るね。うるさい』と言われますが、、、。


クスリをやめて断薬に成功してから体調も身体の調子もココロも、とってもhappyですっ(^^♪






ざっくり説明すると、わたしはバセドウ病→アイソトープ→橋本病→完治


という流れを歩んだのですが、


みなさんお分かりにの通りバセドウ病になればまず、薬から治療が始まりますよね。


で、ほとんどの方が手術で全摘出か?アイソトープどっちする?


というお決まりの流れに誘導されるハズです。



どちらを選んでも、橋本病になるんですよね。


甲状腺機能停止させること(橋本病にすること)が西洋医学の目的だからね。






うーーーーーん、今冷静に考えると恐ろしい治療であり恐ろしい手術だとおもいます・・・。


だって、人間が本来持っている生まれつきそなわっているものを切り取ってしまう、


または機能を停止させてその役割をクスリで補う????????


無知で西洋病院を信じていた私・・・(正確には東洋医学の存在を知らなかったと言ったほうがいいのかもしれない)


もともと日本の医療と医師、病院を信頼していた私・・・はそのアメリカ式のわざと機能停止させる治療方法(全摘出、アイソトープ)






しか治療方法がないと思い込んでいた・・・。






西洋病院の医者がそれしかないと言うもんだから、誰だってそりゃそう思い込むよね-----------!!!


でも実際には漢方であっさり完治させちゃった人とか自然療法で完治させちゃった人や副作用無しの治療で


完治させた人など治療方法はたくさんあるんですよね。


リスクが一番高くて副作用バリバリの西洋医学のやり方(全摘出&アイソトープ)以外で完治させてい


る人は日本中探せば、ごまんといます。




ハッキリ言って、西洋医学では治らないだけ。




西洋医学しか学んでいない医者にはバセドウ病を治せないだけ、治す方法を知らないだけ。






ってことが私がいろいろな人に聞いたり、本を読み漁って調べた結論なんですよね。


でも、私はどこかの宗教団体員でもなければ代替え療法推進派のどっかの団体所属の人間でもありません。


それは、はっきり申し上げておきますね。





私の経験談と自分が感じたこと、自分で調べて気づいたことを書いているだけなので、


全部100%信用してもらいたいとか、この方法押し付けたいとかはないので


私のブログを読まれた方は参考程度にしてくれればいいかなって思っています♪



少しづつですがバセドウ病完治までの歩みを記事にしていきますね。



最後までお読みいただきありがとうございます。感謝いたします。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|